人生、うまくいかないことばかり。だけど… 『きっと、うまくいく』(旧ブログより 2013/05/25)

いや、それでもうまくいかない場合もあると思いながら、うまくいった時のことを想像して努力をつづけることが大事。
むしろ、うまくいかなかった時にこそ、その人の人間性は決まるんだと思う。因みにボクは1つうまくいかなかったら、
すぐにみんな諦めちゃう、“人生、諦めが肝心”と思っているタイプ。だって、執着すればする分、心は苦しいじゃん?
これすなわち“色即是空空即是色”の心。ボク、仏教徒ですから。好きな女のコにメールを送って返ってこなければ、
あぁ…オレはその程度なんだな、と思ってすぐにメアドを削除します。そこでケッ、女なんてよ!とスネたりしません。
スネてる間に他の女に興味を持つ方が愉しい。それを女としては物足りないなんて言われたこともあるけど知らん!
…全然違う話になってしまった。なんかせっかくの邦題を腐すようなことを書いている感じだけど、別にそうじゃない。
ズバリ傑作だったし、昨今の流行り歌にアホみたく溢れる「自分を信じて」なんて風に訳されないでホントよかった!

まぁボリウッド応援団長の我らがオーケンによれば決め台詞の訳は最初「兄弟、すべってよーし」だったそうだけど、
現在、公開中の『きっと、うまくいく』は、インドで歴代興収ナンバー1を達成したのをはじめ、世界中で大ヒットした、
感動の友情ドラマ。最近ようやくこうしたインド映画のヒット作が日本にも素直に入ってくるようになってうれしい限り。
インドの超難関理系大学で学ぶ↓写真の3バカトリオを主人公に、過去と現在を行き来する本作のテーマはズバリ、
今の日本じゃ想像もできないインド式超学歴社会への警鐘。とはいえ説教臭さはなく映画は笑いと涙のメガ盛りで、
友情の尊さや、自分らしく生きることの大切さをストレートに訴えてくる。いつもより歌とダンスを控えめに感じたけど、
テンションはやっぱり高く3時間弱全然飽きない。「♪ア~リズウェル」って「オール・イズ・ウェル」って言ってたのネ。
うまくいく…か。もっと軽い訳の方がよかったんじゃないかな? 近江商人の「三方よし」とか?(それじゃ意味が違う)

3-idiots

インド最大の競争社会は映画界じゃ?

『きっと、うまくいく』(2009年・インド/カラー/5.1ch/170分)
【監督】ラージクマール・ヒラニ
【出演】アーミル・カーン、カリーナ・カプール、R・マーダヴァン、シャルマン・ジョーシー
【配給】日活
【5段階評価】★★★★☆
【鑑賞劇場】シネマート新宿2
【鑑賞料金】1,000円(会員デー)