なりゆきな人生、なりゆきでつながっている世界… 『なりゆきな魂、』&『ホームレス ニューヨークと寝た男』&『変魚路』

『なりゆきな魂、』

これめちゃくちゃ面白いじゃん! もっとシュール一辺倒な話かと思っていて、
そら確かにつげ忠男が原作だから基本的にはドが付くほどシュールなんだけど
しかし、バス事故のエピソードを加えたことにより『ヘヴンズ ストーリー』と
同じテーマが『ヘヴンズ~』の何倍も巧く映画という表現の中に脈打っていて
これはもしかすると瀬々監督、近年出色の仕事ぶりでは?と思うほどの面白さ。
ピンク時代の片鱗が久々に顔を覗かせとても『64』と同じ監督とは思えない!
有名無名取り混ぜた役者もみんな巧かったし(足立正生監督のたたずまいよ!)、
とにかくこれはシュールでアナーキーだが裏『ヘヴンズ~』とも言える傑作!


これなら『菊とギロチン』も愉しみ。

『なりゆきな魂、』(2016年・日本/カラー/DCP/107分)
【監督】瀬々敬久(『黒い下着の女 雷魚』『冷血の罠』『アナーキー・インじゃぱんすけ 見られてイク女』『HYSTERIC』『ユダ』『肌の隙間』『サンクチュアリ』『刺青 堕ちた女郎蜘蛛』『泪壺』『フライング☆ラビッツ』『感染列島』『ヘヴンズ ストーリー』『愛するとき、愛されるとき』『64-ロクヨン-』)
【出演】佐野史郎、足立正生、柄本明、山田真歩、栁俊太郎、中田絢千、三浦誠己、町田マリー、石川真希、川瀬陽太、吉岡睦雄、後藤剛範、飯田芳、國元なつき、坂上嘉世、管勇毅、増田健一、蟹瀬令奈、葵來沙、安野恭太、小田哲也
【製作】ワイズ出版
【5段階評価】★★★★☆
【鑑賞劇場】ユーロスペース(渋谷)
【鑑賞料金】1,200円(会員)

******************************************************************************************

『ホームレス ニューヨークと寝た男』

これもまた面白かった! もう3年前の映画だから今もこのマーク・レイさんが
屋上暮らしをつづけているのかが知りたいし、トランプをどう思っているのか
一度じっくり訊いてみたい。それによって映画の印象もまた変わったりしそう。
ニューヨークで何年もホームレスをしている、52歳のフォトグラファーのお話。
予想したような“何も持たない生活が真の幸せ”みたいな胡散臭い啓蒙はないし、
かと言ってかつては順風満帆だったイケメンの落伍ぶりを愉しむ映画でもなく
ましてや社会派よろしく世相を斬る映画でもなくレイ氏をある種の“鏡”にして、
観客それぞれが自分の人生を振り返らざるをえない、そんな映画なのが面白い。

打たれ強く楽天的なようでいてある日フッと死んでしまいそうな雰囲気もある
レイ氏の人柄も憎めないし(だいたいこんな人腹立ったりしそうなもんだけど)、
なにより彼の友だちでもある監督が自分と彼との境遇の違いはなんなのか…と
人生の別れ道を見つめる眼差しに愛があって、それが映画を優しく包んでいる。
一度落ちぶれたら這い上がるのが大変そうな、それでいて彼みたいな人生でも
それなりに愉しくやっていけそうなニューヨークという街の懐深さも感じられ
今のアメリカを鑑みながら観るのにぴったり。こんな映画は東京じゃ創れない。
明日は我が身と震えつつ人生なんとかなるさと元気も出る風変わりな人物伝だ


てっきりアップリンクの配給かと…。

『ホームレス ニューヨークと寝た男』(2014年・オーストリア=アメリカ/カラー/83分)
【監督】トーマス・ヴィンテルゾーン
【出演】マーク・レイ
【配給】ミモザフィルムズ
【5段階評価】★★★★☆
【鑑賞劇場】ヒューマントラストシネマ渋谷
【鑑賞料金】1,000円(会員更新特典)

******************************************************************************************

『変魚路』

凄い…。『なりゆきな魂、』がわかりやすい絵本だったかと思うほど意味不明!
かつて同監督の『ウンタマギルー』や『夢幻琉球・つるヘンリー』を観た時も
相当のけぞったけど、この18年ぶりの最新作はそんな生易しいレベルじゃない。
しかも、観た後の自分は今どこへ行っていたのか…という得も言われぬ覚醒感。
合理性が第一の今の時代にこういう映画を創るのも偉いし配給するのも偉いし
スクリーンにかけるのも偉いし観るのも偉い! ほんとワケわからんかった…。
でも、その反面沖縄のしなやかさというかタフな風土を感じる映画でもあった。
この週末は『なりゆきな魂、』に驚き『ホームレス ニューヨークと寝た男』に
人生をしみじみ考え『変魚路』に脳ミソをモミモミされた。映画は奥深いなぁ。
そしてボクの人生も本当に“なりゆき”だ。なぜこんなところまで来たんだろう?
子供の頃から“こうなりたい”みたいな人生の理想図がなかったからだろうな…。
でもそれでよかった。今にホームレスになっても自分は意外と平気な気がする。


ウソ! せめて屋根の下で死にたい!

『変魚路』(2016年・日本/カラー/81分)
【監督】高嶺剛(『パラダイスビュー』『ウンタマギルー』『夢幻琉球・つるヘンリー』)
【出演】平良進、北村三郎、大城美佐子、川満勝弘、糸数育美、河野知美、山城芽、西村綾乃、親泊仲眞、内田周作、花井玲子、石川竜一
【配給】シネマトリックス
【5段階評価】★★★☆☆
【鑑賞劇場】シアター・イメージフォーラム(渋谷)
【鑑賞料金】1,100円(会員)