イケメンゴリラの次はイケメンオオカミ!? 『ワイルド わたしの中の獣』

これは面白い!ただ今大ヒット中の某盲目老人スリラーよりよっぽど面白い!
久々にドイツ人てやっぱ相当病んでるな…と、うれしくなるような映画だった。
よもやイケメンゴリラがあれだけ話題になり写真集まで出ちゃうぐらいだもの
こんなイケメンオオカミに女子が恋する話があったって、全然フシギじゃない。
つまらない職場と自宅を往復するだけの単調な毎日を送っている女性がある日
自宅マンション前の森で見かけた(見かける?)狼に魅入られ、なんと捕獲監禁。
飼うというよりまるで彼氏のように狼を愛し始め…。(当然部屋はめちゃくちゃ)
映画は、彼女がしだいに野生化してゆく様子をそれはエロチックに描いてゆく。

薄汚れ、臭そうになればなるほどエロくなってゆくヒロインが上司とヤッた後
机に脱〇しオフィスに火をつけるとか最高。自分の血を舐めさせる妄想も凄い。
クライマックスもちゃんと彼氏(狼)が彼女のために食事(鼠)を獲ってくるなど
暖かな愛の物語になるし彼女も実に幸せそうでこれぞクリスマスにぴったり!
ある意味、ストレス社会の癒しと処方箋を描いた寓話のようにも見受けられて
なにしろカルト化は必至! もう人間は進化しない。動物に還るしかないんだ。
こんな映画を若手女優と女性監督で創るドイツってなんと素敵な国なんだろ!
若干ウサギの扱いに胸が痛んだけどエロくて奇妙でホント面白かった。怪作!

wild

ドイツに過労死はないっていうけど
本作を観ると日本と似ている気も…。

『ワイルド わたしの中の獣』(2016年・ドイツ/カラー/97分)
【監督】ニコレッテ・クレビッツ
【出演】リリト・シュタンゲンベルク、ゲオルク・フリードリヒ、ザスキア・ローゼンダール
【配給】ファインフィルムズ
【5段階評価】★★★★☆
【鑑賞劇場】新宿シネマカリテ
【鑑賞料金】1,500円(クーポン)