彷徨える現代で“蛇”に吞み込まれないために… 『彷徨える河』短評

新鮮。本作は何がいいっていかにもこういう映画はフランスやドイツといった
欧州との合作が多かったりするけど南米だけで創られているのが素晴らしい。
そして内容もアマゾンの先住民をいわゆる“西洋目線”でやたら超越した存在や
意思やコミュニケーションの図り難い畏怖すべき対象として描くのではなしに
酒を一杯酌み交わしたくなるような等身大的人々として描いてるのが面白い。
要は明確なドラマがあって思っていたよりずっと取っ付きやすい映画だった。

1人の先住民と、彼が若き日と老いた日にそれぞれ出逢った探検家との物語。
二つが交錯するように描かれそこから南米先住民と西洋の歴史が浮び上がる。
時代が切り替わる時の演出が見事で濃淡のくっきりしたモノクロ映像も秀逸!
先住民目線で物語を描いているからと言ってありがちな文明批評とも異なるし
映画からはそれよりも目先の事象に囚われず世界の未知に想いを馳せんという
青臭くも清々しい思想が感じられる。それもそのハズ監督は1981年生まれ!

個人的にはもっと全篇にわたってアナコンダが観たかったし(あとワニとか!)
観ている内に頭がボォーっとしてくるようなトリップ・ムービーとも違ったが
壮大な世界観から“今”を生きるための教訓を得られるそんな深い映画だった。
カラマカテ氏と幻のヤクルナをキメながら世界の今後について語り合いたい!
どうやら世界はいよいよさらなる弱肉強食と分断の時代に突入したっぽいけど
そんな“蛇”には呑み込まれたくない…と、映画を観ながら頭の片隅で思った。

embrace-of-the-serpent

“蛇の抱擁”という原題直訳の方がよくない?

『彷徨える河』(2015年・コロンビア=ベネズエラ=アルゼンチン/モノクロ&カラー/2.35:1/124分)
【監督】シーロ・ゲーラ
【出演】ヤン・ベイヴート、ブリオン・デイビス、ニルビオ・トーレス、アントニオ・ボリバル・サルバドール、ヤウエンク・ミゲ、ニコラス・カンチーノ
【配給】トレノバディレクターズ・ユニブ
【5段階評価】★★★★☆
【鑑賞劇場】シアター・イメージフォーラム(渋谷)
【鑑賞料金】1,100円(会員)